フローリングはその色と木目がお部屋に馴染みやすく、お掃除も楽な事から今では室内用床材の中でも一番多く採用されています。
 
木の温もりや素材にこだわりのある方には無垢材や突板(つきいた)仕上げのナチュラルな風合いを楽しんでもらいたいですが、シート(シール)仕上げの木目柄も質が上がって精巧になっていて、パッと見では本物の木と見分けがつかないくらい意匠性の高い商品が多くなってきていますので、どなたでも本格的なフローリングのお部屋にリフォームすることが出来ます。
 
 
 
 
 

私が工事します

床の職人「泰(やす)さん」
 
職人歴40年を超す大ベテランで、全国の職能コンテストで2位に入賞したこともある一級技能士。丁寧すぎるくらいの仕事ぶりと人当りの優しい性格が人気でご指名頂くことも多い職人です。床だけでなく、木やタイルなどの知識も本職顔負けで、工事現場での応用力が際立っています。日程の都合もありますので、ご希望の方は「泰(やす)さんにフローリングを貼ってもらいたい」とお伝えください。

フローリングの種類

私たちが現在、住宅の床で一番目にする機会が多いのがフローリングです。同じように見えるフローリングも沢山の種類が用意されています。リフォームされる状況やお好みに合わせて選択できます。

合板フローリング

合板フローリングとは、複数の板を接着剤で張り合わせたベニヤ板の表面に天然木の薄い板(突板)を圧着したものをいいます。安価な部類に入り、一昔前までは圧倒的に流通量の多い種類でしたので色柄のバリエーションは豊富です。突板の色むらを抑える為に着色されているので高級感が得にくい、表面が薄いので傷が付くと支持のベニヤが露出するなどのメリットがあります。

 

化粧シートフローリング

合板フローリングと構成はほぼ同じですが、表面に木目をプリントした樹脂のシート(0.2~0.3mm程度)を圧着している点がシートフローリングの特徴です。近年のプリント技術の発達により、見た目が本物と間違うくらいのクオリティとなって現在一番人気がある種類のフローリングです。安価な上、溝幅を広くとる事が出来、ワックスなどメンテナンスが必要ない事も多くの方に選ばれる理由になっています。柄がパターン化しているので、自然のナチュラルな風合いを好む方には抵抗があるかもしれません。

単板フローリング(集成材)

単板フローリングは2種類あり、こちらは細長い無垢材を並列に圧着して一枚の板にみせたフローリングです。貴重な種類であったり、太い径での材料確保が難しい樹種はこちらのタイプで作られます。竹、チーク、ウォルナットなどが代表的な樹種になります。集成タイプですので一枚板の無垢材に比べ、工事後に反りあがったり音が鳴ったりする心配が少な事がメリットです。
 
 
 

単板フローリング(一枚板)

一枚の木を板状に加工したもので、踏み心地が良く最も高級感があります。杉やパイン(松)等の比較的安価なものからウォルナットやカリンなど高価なものまで種類があり、北海道では楢(なら)や梻(タモ)の流通量が多く見られます。熱や湿潤による変形があるので基本的に床暖房には対応していません。厚みは20mm以上でフローリングの中では高価です。
 
 

遮音フローリング

別名「防音フローリング」とも呼ばれます。主にマンションで音を軽減させる目的で使用されますが、コンクリートの床に直接フローリングを貼らなければならない場合にも採用される複合フローリングの一種です。衝撃を吸収する為に木部が非常に曲がりやすくなっており、裏にスポンジが貼ってあるので踏んだ時にフワフワした踏み心地は通常のフローリングとは全く異なります。近年益々増える集合住宅建設の需要に合わせて様々な種類の遮音フローリングがラインナップされています。
 

重ね貼り用薄型フローリング

ご使用の床を剥がすことなく、上から貼る事が出来るので安価で済みリフォームに最適です。厚みも薄いものは3mmから一般的な6mmの厚さまで現場の状況に合わせて選ぶことが出来ます。床の高さが変わってしまうので、巾木や扉、見切など他の部分との収まりを整えなければなりません。
 
 
 

マンションで無垢フローリングは可能?

可能です!
踏み心地も見た目の高級感も抜群の無垢フローリング。傷が付いてもそれが味になるので末永く満足して頂けるフローリングです。しかし、音や下地の問題があるマンションではそのまま施工することは出来ません。2種類の方法がありますので、予算や出来栄えを考慮して検討してみて下さい。

方法① 既製品(ウッドワン「ピノアース グランドフローリング L45」)

無垢材と遮音性を組み合わせた既製品が用意されています。
ウッドワンは無垢材に対するこだわりと環境保全への取り組む意識の高いメーカーです。
ニュージーランドのパイン材(松材)を使用しており、「浮造り仕上げ」という木目を美しく見せる加工を施してあります。
材料ひとつでマンションに無垢材を敷き込むことが出来るのは大変魅力的なフローリングです。

方法② マット工法

一般的な遮音等級L-45を満たしたマットの上に、ベニヤと無垢フローリングを重ねて貼る方法です。この場合自由に無垢材を選べるのが一番のメリットです。その代わりに床の厚みが40mm程になるので(マット13mm+ベニヤ12mm+無垢フロア15mm)、床だけでなく全体のリフォームが必要となってきます。工事費が高くなってしまいますが、最高のお気に入りフローリングを敷くならマット工法です。

フローリング 取扱いメーカー

2018年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
有限会社日本インルーム
011-851-7101
〒062-0031
北海道札幌市豊平区西岡1条
9丁目11番2号
TEL.011-851-7101
FAX.011-851-7898

───────────────
対応エリア
札幌市(豊平区、南区、中央区、白石区、厚別区、西区、手稲区、清田区、北区、東区)江別市、岩見沢市、北広島市、恵庭市、千歳市、小樽市
お問い合わせはこちら